長文感想『生きるか死ぬかの町長選挙』(ジャナ・デリオン)

普段利用しているサイトが不調なため、緊急避難的措置として、こちらのブログに投稿します。
ご承知おきいただけたら幸いです。

本作の解説を書かれた、上条ひろみさんのお言葉をお借りして…「ユーモアとコージーとロマンスとアクション(ドタバタともいう) が絶妙にブレンドされた(344p)」、CIA秘密工作員・フォーチュンの濃密な(笑) 日々を綴るお話、第3弾です。 

職務の中で犯罪組織から命を狙われることになり、隠遁先として上司から指示されたアメリカ南部シンフルの街に到着して、たまたま人骨を発見したことから始まる騒動を追う1作目、とつぜん故郷に帰ってきた町長の娘が死体で発見された2作目、そして、フォーチュンとの迷コンビのひとり、シンフルの老婦人会のリーダー、アイダ・ベルが町長選挙に出馬したことから端を発するのが今作です。 

これまでの作品に倣うかのように、この本でもいきなり殺人事件が発覚。 

それも、町長選挙でのアイダ・ベルの対立候補の男性だったからさあ大変!( ̄▽ ̄;) 

被害者に盛られた毒物が、アイダ・ベルが地リス退治に使用しているのと同じ銘柄の薬物だったことも災いして、彼女に嫌疑がかかることに。 

「スパイは個人的なかかわり持つな」…優秀だった父のことば。それに抗い「親友」のために命を投げうって、今回も”泥まみれ” の仕事を決意するフォーチュンであった…(;・∀・) 


ここまでざっとあらすじを述べてまいりましたが、実のところ、1冊分が1週間のエピソードでびっしり綴られているこのシリーズ、今作を含めても”たったの” 3週間しか時間が経過していない、という濃密な物語ですね。 

これが、息をつかせぬジェットコースタームービーさながらの展開で描かれているのですから、その特異さは、くどくど説明する必要もないかと。 

さすがに3作目ともなると、フォーチュン&シンフル・ソサエティトリオのドタバタぶりは、ほぼドリフのコントさながらの様相を呈してきます。 

けれども、そんなマンネリぶりを凌駕する、綿密な伏線の仕掛け方は著者の本領発揮といったところ。 

コミカルな爆弾を仕掛けつつも、物語が進むにつれてもつれる謎、ラストの数ページまでハラハラドキドキの巧みな演出は、クセになること請け合いです!( ̄▽ ̄;) 

先ごろ、翻訳者のTwitterで4作目の刊行が発表されたばかり。 

我々の至福の時間(フォーチュンの苦悶と愉悦? の日々) もまだまだ続くことに、喜びを禁じ得ない私なのです(笑)。 



【以下、余談】 

アメリカ南部の湿地帯や田舎町を”暗躍する” (笑)、三人の女性の影、地元のイケメン保安官助手との微妙なこころの交流…ここまで来ると、ほぼあの名作「キャッツ・アイ」の香りに近いものが…(;・∀・)  

個人的なかかわりを戒めた父の言葉に反すれば反するほど、保安官助手・カーターにどんどんと共感してしまうフォーチュン。 

自分たちの「絆」を守るためには、彼を困らせなければならない…。ドタバタ劇の中に、ひとりの女性の細やかな心情を編み込む著者の手腕。 

「キャッツ・アイ」を上回るだろう”大人の恋愛の魅力” もまた、今シリーズの見所の一つですね。 
→【キャッツ・アイの美人三姉妹に魅了されたあの頃。女性も憧れたカッコいいアニメ】 

ガーティとアイダ・ベルのレオタード姿は、死んでも頭に浮かべてはならない(爆)。 

過去からの”声”

新型コロナウイルスに対する「緊急事態宣言」が出てから、仕事のペースが大きく変化してしまい、ブログを更新することもままならない状況が続いてしまいました。
お詫び申し上げます。


先日、日テレの「世界一受けたい授業」に、作家の五木寛之さんが出演されました。 

22年前にご自身が書かれた『大河の一滴』を紐解き、新型コロナウイルスが引き起こしている将来への不安を抱えている方へメッセージを発信されていました。 

参考URL 【『大河の一滴』作家・五木寛之が伝えたいことは?テレビ出演した理由やTwitterの感想も紹介!】 

五木さんの価値観そのものは賛否両論があるようですが、大切なのは「過去に本としてまとめられた”思考”が、22年の時を越えて私たちに新しい知見をもたらすきっかけになる」ということだと感じました。


番組中、第二次大戦でユダヤ人収容所に拘束されていた人が、「過去の面白かった思い出話」でお互いを元気づけて苦難を乗り越えた話が紹介されていました。

これも、「過去からの ”声”」が良い影響をもたらした一例ですね。 

先が見えない「今」だからこそ、「過去」から受け継がれてきたものに目を向けることはとても大切なのでは。 

そんな時、過去を知る重要なアイテムである「本」に親しんでいる私たちなら、この自粛の風潮の中で「心の中の世界」を広げるいい機会なのかも知れません。

さらに、「読書メーター」などのSNSで「心の中の世界」をシェアできる機会がある方なら、より実感できると思います。 


たとえ新刊本が入手することが難しかったとしても、積読本や、あえて既読本を再読してみるなど、その機会を広げるためにできることはまだまだあるように思います。 

苦界の中でユダヤの人たちがそうしたように。
(この項終わり) 

加藤浤和 拝 

長文感想 『カラフル』(森 絵都)

普段利用しているサイトが不調なため、緊急避難的措置として、こちらのブログに投稿します。
ご承知おきいただけたら幸いです。


前世で過ちを犯した魂が、”万物の父” たる存在の粋な計らい? による抽選で、輪廻のサイクルに戻るチャンスを得た。 

自殺した中学生の少年「真(まこと)」の身体に乗り移り、現世へ「帰ってきた」少年として生活する、いわく「ホームステイ」の生活を送ることに。
その中で、自身が犯した過ちを思い出す。。。

「ジュブナイル小説」として多くの若い方に読み継がれている物語です。


最近の注目作『みかづき』では、教育者として子どもたちを見守る大人の側の赤裸々な事情をつぶさに観察する、著者の慧眼が存分に生かされていました。

この本では、「子どもの視点から周りの大人たちを見つめる」という、『みかづき』とは一種逆転したところが対照的で面白いなぁ…と感じ入った次第。
『みかづき』の感想

両親や兄、クラスメートなど、少年の周りの人たちを、ある意味「達観した」大人の魂の視点で見つめ直す筆致は、この本に触れる子どもたちに「君の目の前の出来事には、角度の異なる見方があるよ」と語りかけているかのよう。

若い読み手への著者のはからいが感じられますね。


最近読んでいる『活版印刷三日月堂 小さな折り紙』には、こんな一節があります。

【子どものころ、俺は悩みながら自分の世界との関係を作っていった。自分だけが悩んでいるつもりだったが、親も必死だったのだ。いま俺はあのときと同じ状況にいる。前回は子どもの目で、今回の二巡目は親の目で、その状況を見ているんだ、と。】
(『活版印刷三日月堂 小さな折り紙』150p)

紆余曲折の末に授かった息子の成長を見守るお父さんの独白にあるように、子どもの頃には見えなかった「世界の真実」があります。

「二巡目の世界」はハードではあるが、真実を見つける楽しさもある。
そんな達観が、主人公に「ホームステイ」する魂の視点で描写するこの物語にも感じられるのです。

この本では、主人公の「魂」は「たった一色だと思っていたものがよく見るとじつにいろんな色を秘めていた」と表現します。

そして…この手のお話にはつきものの「タイムリミット」が設定され、物語は一気にラストへと流れるのですが、その先には…。



【以下、余談】

本文中、『〜三日月堂』を持ち出したのは、未婚で子どもがいない私は、二巡目に入ったとは到底思えなかったから…😅

『ビブリア古書堂の事件手帖』の栞子さんも、「現実を実り多いものにするために、わたしたちは物語を読む」なんて言っていましたね。

物語が人生を豊かにする…。
この本を支持する中高生の皆さんもきっとそう感じてくれることを願っています。


話は変わりますが、ホームステイ中の魂のナビゲーターとして登場する、自称「天使」のプラプラというキャラが登場します。

序盤に真くんの家族構成をざっと紹介するのですが、これが大のギャンブル好き。

大人の感覚を有している「彼」としばしば花札勝負をするのですが、「彼」が中学生の身でギャンブル癖がついたらどうするのか❗️ (笑)
(かつて、ギャンブル沼に片足を突っ込んだオジサンは老婆心が…😅)

もちろん、「彼」にその素養があるからなのですが、まだ中学生の彼を目覚めさせるとは、コイツは堕天使か?…(ー ー;)
(おわり)

 加藤浤和 拝

目先の利益か、これからか? (その2)

「過去のコンテンツ」にアプローチする手段としての図書館の意義を(今さらながら) 前回述べさせていただきましたが、今回は、読書からちょっと離れて、映像に関する話題となります。

「過去のコンテンツ」をもっと気軽に知ることができる存在として、YouTubeがありますね。

ここ数年の傾向ですが、過去の特撮やアニメ番組のOP動画・競馬中継の実況動画などが、映像元のソフト化や、オンラインサービスでの配信に伴い削除されるケースがあります。

確かに、映像の著作権者として、これを企業利益につなげたい趣旨は一理あります。

ただ、過去の投稿を削除することで「ファンのすそ野」を広げることを妨げることは否めません。

目の前の「お金を払ってくれる世代」ばかり相手にしては、近い将来、コンテンツを支える「新たな世代」を失うリスクは大きいのではないでしょうか。


かつて、様々なファン層を育てたTVアニメ界も、お金になるコンテンツばかりに傾倒するあまり、極めて濃いファン向けのOVA(その「呼び水」的な深夜アニメ) と、年少者向けの番組に二極化した傾向が顕著な時期もあったように思います。

目先の利益を取るか、業界全体の更なる継続を視野に入れるか…。

難しいところですが、前回も述べたとおり、書籍には図書館もありますし、業界とのバランスも取りつつ何とか共存共栄の道を模索する必要を感じます。

余談ですが、昨今の仮面ライダーシリーズやウルトラマン作品など、過去のコンテンツを上手に組み込んで成功しています。
(現在ではネット配信などで積極的に過去のコンテンツを公開するなど、状況は変わってきたようです)

何とも頼もしい限りですね。
(この項終わり)

加藤浤和 拝

目先の利益か、これからか?

読書メーターなどの読書家交流サイトでのSNSを拝見すると、ユーザーの多くの方が頼りにされている大手古書流通チェーンの話題で持ちきりです。
(特に○○トラなセールの時期など…笑)

実は、どうしても一度にたくさん本が読めない性格の私にとっては「猫に小判」…(;^_^A

自宅に大量の積読をするのも性に合わないので、あの店舗は私にとって縁遠い場所なのです。

古書店でのんびり探索するのは好きですが。

一方で、古書ばかりに依存していると、本の著者や出版社に利益が還元されない、という一面も。
おっしゃる通りだと思います。

私も、出版業界や作家の方を応援したい気持ちはあるのですが、先立つものにも限界が…(^-^;

それでも、これまでこのブログでお話したとおり、読書家同士での本の流通そのものは肯定したい立場ではあるのです。

出版業界が苦しい台所であるのは重々承知しています。
しかし、あえてこう言わせてください。


世の中には「まだ掘り起こされていない本好き(候補)の方」と、「これから本に興味を抱くお子さん」を読書へ導く機会がまだ足りないように思います。

そんな方々が気軽に本に触れられる環境が整えば、本の世界に関心を寄せてくださる方が増えて、結果として新刊本の購買者も増えていくのではないでしょうか。

将来にわたって、本に向き合ってくれる世代を育てていく視点もとても大切だと考えます。

その意味でも、公共の図書館に期待するところは大きいのですが、休館が相次ぐ昨今の社会情勢を考えると心苦しくもありますね…。
(この項つづく)

加藤浤和 拝

映画「蜜蜂と遠雷」に見る、小説と映像の関係 その2

文庫で上下巻900pを越える濃密な物語、『蜜蜂と遠雷』を2時間という枠で表現するのは無理な話。

そこで、映画スタッフが物語の「キー」と定めたのは、かつての「天才少女」、栄伝亜夜(えいでんあや) でした。

小説は群像劇らしく、他の登場人物にも細やかにスポットライトを当てていますが、ひとりの登場人物に的を絞る判断は実に的確だったように思います。

女優さんを中心に据えた方が、映画として見栄えがするかと…(;・∀・) 

この作品が「物語の重心」をあえて変える手段として、映画ならではの「表現方法」を存分に生かしていることが実に新鮮!
映像のプロの底力を感じたものです。


小説版の感想の中には、話が進むにつれて、「天才たち」ばかりが集う面にリアリティを感じられない、というご意見も耳にしたことがあります。

小説の栄伝亜夜も、過去の恩讐を序盤に振り切ってコンテストに集中する展開となります。

一方で映画では、彼女の葛藤をラストの本選まで引っ張ることで、映画ならではのドラマチックな展開を上手に演出することに成功したように感じられました。

結果として、小説の亜夜がピアノにイノセントな印象が濃い半面、映画の亜夜は暗めの映像の効果に比例して、かなりダークな印象を残していたのは実に対照的。

ある意味、女性の多面的な表情を演じるには、松岡茉優さんというキャスティングは当たりだったかと。。。

正直申し上げると、私にとっては、そこが松岡茉優さんの苦手な部分でもあるのですが…アンビバレント( ̄O ̄;)ゞ
(この項おわり)

加藤浤和 拝

一年ぶりのごぶさたでした

気づけばこのブログも、なんと一年間も休眠状態でした…orz 
そろそろキアイを入れて復活を目論みたいと思い、久々の投稿となりました。

書いている本人にエネルギーがないと、なかなか続かないですね。これからは形にこだわらず、もっと自由に書いていけたらいいなと思います。

さて、今回は「小説」と「映像」についてです。

ここ数年、私が特に気に入っている小説が映画化され、ビジュアルでも楽しめるようになりました。

大好きな作品ほど、映像になった時点での「ギャップ」が悩ましいと感じる方も多いかと思います。


私としては、「映像のプロ」の方々が小説の世界にどのようにアプローチしているのか?
演出・脚本に携わるスタッフの「意図」を読むことに集中して観ることにしています。

2019年最後の読書会は「今年のベスト本」というテーマで主催したのですが、私は、同年に映画が公開された、恩田陸・著『蜜蜂と遠雷』を取り上げました。

【以下、かなりネタバレ傾向になりますので、あしからず】




プレゼンの内容は、小説と映像の関係について。

『蜜蜂と遠雷』は、若手のピアノ奏者が参加する国際コンクールを舞台にした群像劇です。

一次予選・二次予選・本選とコンクールが進行するなかで濃密なドラマが展開するお話ですが、実は、本の中で本選の描写はわずか。
それまでのち密な描写が積み重ねられた様からすると、あっさりと終ってしまいます。

何しろ、文庫で上下巻900pを越える分厚い本ですから、作者も物語の「重心」を考えつつまとめたようですね。

ただ、2週間にわたるコンクールの展開に注目された方は、ちょっと消化不良だったかも…(^-^;

こんな濃密な小説を映像化するにあたり、「映像のプロ」の方のこだわりが一番感じられたのは、「空白の本選」の描写を丹念に作り込まれていたこと。

『小説が表現しきれなかった部分を、あえて映像で見せてやる!』ぐらいの勢いで、映画はラストに向かって怒涛の如く流れていくのです。
そんな割り切りに、映像のプロとしての矜持すら感じた次第。

ラストに向かって映画のヤマを築き上げるのは演出のセオリーですし、そこから逆算して、物語全体の「設定」も換骨奪胎して組み直すぐらい差異があったように思いました。
(この項つづく)

加藤浤和 拝

しばらくのブログ更新休止のお知らせ

今年に入ってすぐにブログを更新して以来すでに2ヶ月近く…。

度重なる体調不良をやっと乗り越えたところで、勤務先の事情により1週間の休日が1日減ることになり、読書の時間もブログ更新の時間も確保することが難しくなりました。

残念ですが、勤務先の状況が改善するまで、一時ブログを休止することを改めてお知らせいたします。

ブログ再開が決まりましたら、読書メーターの「みんなのつぶやき」にて告知させていただきます。

これまで、つたない文章をご覧いただきありがとうございました。

加藤浤和 拝

本を「譲り合う」意味

2019年が明けました。

相変わらず更新のペースが遅いブログではありますが、お付き合いいただけたら幸いです…m(_ _)m

前々回、読書会同士の本の「譲り合い」に関するお話をしました。

そもそも、なぜ「譲り合い」に固執するのか、というお話をしていませんでしたね。

一つは、読書メーターの多くのユーザーの悩みの一つである、「所蔵本が部屋から溢れる」問題。

もう一つは、本の譲り合いを通じて読書好きの裾野を広げる、というものです。

最初の問題は、既存の古書業界を利用すれば当面対処することができます。
これは先の投稿で触れた通り、「労多くして実りが少ない」のが実情です。

ゆえに「譲る側のモチベーション」をいかに上げるか、が重要になってきます。

そのためにも、前提としての「信頼関係」が必要なのでは?

SNSなどをきっかけにして、読書会などのリアルな交流を図る楽しさをより発展させれば、譲る側と譲られる側との「読書の楽しさ」を交換することにつながります。

そして、一度は譲った本も、再読したい時には同じ場で再び入手することもできるようになると思います。

私の読書会でも「本の交換会」を催したことがありますが、より多くの参加者が集う場が育めたら、より可能性が広がります。

実際、昨年秋に開催された読書メーター会員のオフ会での交換会は、多くの本と楽しい交流で思い出深いものでしたから。

加藤浤和 (こうわ)

【余談】 紹介本コレクション ②

前回の余談『日本人には塩が足りない!』に続いて、これまで参加した読書会で紹介した本のお話です。

様々な読書傾向のある方が集まる都心の読書会では、本のタイトルや装丁でまずは関心を寄せてもらうことを第一に考えるのが一番早いです。

ホントは、本の紹介の冒頭で「つかみはOK!」と思われるようなプレゼンができれば一番いいのですが…(笑)。

読書会の経験が浅いうちは、致し方がございません…。(^^ゞ

さて、本の装丁、ということでは、過去の紹介本の中ではこれが一番かと思います。

『バッタを倒しにアフリカへ』

読書メーター レビュー

全身を緑色に包み、仮面ライダーのような触角を伸ばし、鋭い目つきで網を構える男性。

芸人の自叙伝か? と思ってしまうほどのインパクト!

とても博士号を取った方とは思えません(笑)。

初めて読書会で紹介した当時、知る人ぞ知る…ぐらいの周知度はあったかと思いますが、著者の「ウルド博士」の深い深い“物語”は、「人生の壁」に直面した際の人間の底力と魅力にあふれています。

読書会に同席された方にも、その深みを知って欲しい――

私にとっても、読書会で紹介しがいのあった本の一冊ですね。
遅読家の私が、一日で読了したほど夢中になった本ですし。

加藤浤和(こうわ)