更新が滞りまして申し訳ありませんでした

夏の疲れが出たのか体調不良も重なり、ブログの更新が2ヶ月も滞ってしまいました。

ご覧になっていただいた皆さんにはなんておわびしたら良いやら…。m(_ _)m

またエンジンをかけていきますので、お暇なときにでも目を通していただけたら幸いです。

さて、都会でも実践できそうな経済のサブシステムの第一歩として、読書家同士での読了本の交換をまずは実際に体験してみようと、とある物々交換サイトに登録したことがあります。

結果は…私が所有する本を1冊譲ることができたものの、あとは結果が出ず…。

そもそも、自分が欲しい本が登録されていなければやる気も削がれますし、交換を申し込んでも返事がないこともありました。

本の交換が成立するためには、まずはお互いの「信頼関係」がなければと痛感した次第。

私が読書会を催すのも、そんな信頼関係を作りたい面もあるのです。

単に本を交換するだけでなく、本に対する「思い」を共有する場が出来れば,『里山資本主義』で紹介された新しい「人との結びつき」が、都会でも実現可能なのでは?

それが、本の交換を端緒として、その他の「余剰品」をいわば共有するような「経済のサブシステム」へと発展したら…。

そう考えるとワクワクしてくるのです。

加藤浤和(こうわ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください