長文感想 『カラフル』(森 絵都)

普段利用しているサイトが不調なため、緊急避難的措置として、こちらのブログに投稿します。
ご承知おきいただけたら幸いです。


前世で過ちを犯した魂が、”万物の父” たる存在の粋な計らい? による抽選で、輪廻のサイクルに戻るチャンスを得た。 

自殺した中学生の少年「真(まこと)」の身体に乗り移り、現世へ「帰ってきた」少年として生活する、いわく「ホームステイ」の生活を送ることに。
その中で、自身が犯した過ちを思い出す。。。

「ジュブナイル小説」として多くの若い方に読み継がれている物語です。


最近の注目作『みかづき』では、教育者として子どもたちを見守る大人の側の赤裸々な事情をつぶさに観察する、著者の慧眼が存分に生かされていました。

この本では、「子どもの視点から周りの大人たちを見つめる」という、『みかづき』とは一種逆転したところが対照的で面白いなぁ…と感じ入った次第。
『みかづき』の感想

両親や兄、クラスメートなど、少年の周りの人たちを、ある意味「達観した」大人の魂の視点で見つめ直す筆致は、この本に触れる子どもたちに「君の目の前の出来事には、角度の異なる見方があるよ」と語りかけているかのよう。

若い読み手への著者のはからいが感じられますね。


最近読んでいる『活版印刷三日月堂 小さな折り紙』には、こんな一節があります。

【子どものころ、俺は悩みながら自分の世界との関係を作っていった。自分だけが悩んでいるつもりだったが、親も必死だったのだ。いま俺はあのときと同じ状況にいる。前回は子どもの目で、今回の二巡目は親の目で、その状況を見ているんだ、と。】
(『活版印刷三日月堂 小さな折り紙』150p)

紆余曲折の末に授かった息子の成長を見守るお父さんの独白にあるように、子どもの頃には見えなかった「世界の真実」があります。

「二巡目の世界」はハードではあるが、真実を見つける楽しさもある。
そんな達観が、主人公に「ホームステイ」する魂の視点で描写するこの物語にも感じられるのです。

この本では、主人公の「魂」は「たった一色だと思っていたものがよく見るとじつにいろんな色を秘めていた」と表現します。

そして…この手のお話にはつきものの「タイムリミット」が設定され、物語は一気にラストへと流れるのですが、その先には…。



【以下、余談】

本文中、『〜三日月堂』を持ち出したのは、未婚で子どもがいない私は、二巡目に入ったとは到底思えなかったから…😅

『ビブリア古書堂の事件手帖』の栞子さんも、「現実を実り多いものにするために、わたしたちは物語を読む」なんて言っていましたね。

物語が人生を豊かにする…。
この本を支持する中高生の皆さんもきっとそう感じてくれることを願っています。


話は変わりますが、ホームステイ中の魂のナビゲーターとして登場する、自称「天使」のプラプラというキャラが登場します。

序盤に真くんの家族構成をざっと紹介するのですが、これが大のギャンブル好き。

大人の感覚を有している「彼」としばしば花札勝負をするのですが、「彼」が中学生の身でギャンブル癖がついたらどうするのか❗️ (笑)
(かつて、ギャンブル沼に片足を突っ込んだオジサンは老婆心が…😅)

もちろん、「彼」にその素養があるからなのですが、まだ中学生の彼を目覚めさせるとは、コイツは堕天使か?…(ー ー;)
(おわり)

 加藤浤和 拝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です