長文感想『生きるか死ぬかの町長選挙』(ジャナ・デリオン)

普段利用しているサイトが不調なため、緊急避難的措置として、こちらのブログに投稿します。
ご承知おきいただけたら幸いです。

本作の解説を書かれた、上条ひろみさんのお言葉をお借りして…「ユーモアとコージーとロマンスとアクション(ドタバタともいう) が絶妙にブレンドされた(344p)」、CIA秘密工作員・フォーチュンの濃密な(笑) 日々を綴るお話、第3弾です。 

職務の中で犯罪組織から命を狙われることになり、隠遁先として上司から指示されたアメリカ南部シンフルの街に到着して、たまたま人骨を発見したことから始まる騒動を追う1作目、とつぜん故郷に帰ってきた町長の娘が死体で発見された2作目、そして、フォーチュンとの迷コンビのひとり、シンフルの老婦人会のリーダー、アイダ・ベルが町長選挙に出馬したことから端を発するのが今作です。 

これまでの作品に倣うかのように、この本でもいきなり殺人事件が発覚。 

それも、町長選挙でのアイダ・ベルの対立候補の男性だったからさあ大変!( ̄▽ ̄;) 

被害者に盛られた毒物が、アイダ・ベルが地リス退治に使用しているのと同じ銘柄の薬物だったことも災いして、彼女に嫌疑がかかることに。 

「スパイは個人的なかかわり持つな」…優秀だった父のことば。それに抗い「親友」のために命を投げうって、今回も”泥まみれ” の仕事を決意するフォーチュンであった…(;・∀・) 


ここまでざっとあらすじを述べてまいりましたが、実のところ、1冊分が1週間のエピソードでびっしり綴られているこのシリーズ、今作を含めても”たったの” 3週間しか時間が経過していない、という濃密な物語ですね。 

これが、息をつかせぬジェットコースタームービーさながらの展開で描かれているのですから、その特異さは、くどくど説明する必要もないかと。 

さすがに3作目ともなると、フォーチュン&シンフル・ソサエティトリオのドタバタぶりは、ほぼドリフのコントさながらの様相を呈してきます。 

けれども、そんなマンネリぶりを凌駕する、綿密な伏線の仕掛け方は著者の本領発揮といったところ。 

コミカルな爆弾を仕掛けつつも、物語が進むにつれてもつれる謎、ラストの数ページまでハラハラドキドキの巧みな演出は、クセになること請け合いです!( ̄▽ ̄;) 

先ごろ、翻訳者のTwitterで4作目の刊行が発表されたばかり。 

我々の至福の時間(フォーチュンの苦悶と愉悦? の日々) もまだまだ続くことに、喜びを禁じ得ない私なのです(笑)。 



【以下、余談】 

アメリカ南部の湿地帯や田舎町を”暗躍する” (笑)、三人の女性の影、地元のイケメン保安官助手との微妙なこころの交流…ここまで来ると、ほぼあの名作「キャッツ・アイ」の香りに近いものが…(;・∀・)  

個人的なかかわりを戒めた父の言葉に反すれば反するほど、保安官助手・カーターにどんどんと共感してしまうフォーチュン。 

自分たちの「絆」を守るためには、彼を困らせなければならない…。ドタバタ劇の中に、ひとりの女性の細やかな心情を編み込む著者の手腕。 

「キャッツ・アイ」を上回るだろう”大人の恋愛の魅力” もまた、今シリーズの見所の一つですね。 
→【キャッツ・アイの美人三姉妹に魅了されたあの頃。女性も憧れたカッコいいアニメ】 

ガーティとアイダ・ベルのレオタード姿は、死んでも頭に浮かべてはならない(爆)。 

長文感想 『カラフル』(森 絵都)

普段利用しているサイトが不調なため、緊急避難的措置として、こちらのブログに投稿します。
ご承知おきいただけたら幸いです。


前世で過ちを犯した魂が、”万物の父” たる存在の粋な計らい? による抽選で、輪廻のサイクルに戻るチャンスを得た。 

自殺した中学生の少年「真(まこと)」の身体に乗り移り、現世へ「帰ってきた」少年として生活する、いわく「ホームステイ」の生活を送ることに。
その中で、自身が犯した過ちを思い出す。。。

「ジュブナイル小説」として多くの若い方に読み継がれている物語です。


最近の注目作『みかづき』では、教育者として子どもたちを見守る大人の側の赤裸々な事情をつぶさに観察する、著者の慧眼が存分に生かされていました。

この本では、「子どもの視点から周りの大人たちを見つめる」という、『みかづき』とは一種逆転したところが対照的で面白いなぁ…と感じ入った次第。
『みかづき』の感想

両親や兄、クラスメートなど、少年の周りの人たちを、ある意味「達観した」大人の魂の視点で見つめ直す筆致は、この本に触れる子どもたちに「君の目の前の出来事には、角度の異なる見方があるよ」と語りかけているかのよう。

若い読み手への著者のはからいが感じられますね。


最近読んでいる『活版印刷三日月堂 小さな折り紙』には、こんな一節があります。

【子どものころ、俺は悩みながら自分の世界との関係を作っていった。自分だけが悩んでいるつもりだったが、親も必死だったのだ。いま俺はあのときと同じ状況にいる。前回は子どもの目で、今回の二巡目は親の目で、その状況を見ているんだ、と。】
(『活版印刷三日月堂 小さな折り紙』150p)

紆余曲折の末に授かった息子の成長を見守るお父さんの独白にあるように、子どもの頃には見えなかった「世界の真実」があります。

「二巡目の世界」はハードではあるが、真実を見つける楽しさもある。
そんな達観が、主人公に「ホームステイ」する魂の視点で描写するこの物語にも感じられるのです。

この本では、主人公の「魂」は「たった一色だと思っていたものがよく見るとじつにいろんな色を秘めていた」と表現します。

そして…この手のお話にはつきものの「タイムリミット」が設定され、物語は一気にラストへと流れるのですが、その先には…。



【以下、余談】

本文中、『〜三日月堂』を持ち出したのは、未婚で子どもがいない私は、二巡目に入ったとは到底思えなかったから…😅

『ビブリア古書堂の事件手帖』の栞子さんも、「現実を実り多いものにするために、わたしたちは物語を読む」なんて言っていましたね。

物語が人生を豊かにする…。
この本を支持する中高生の皆さんもきっとそう感じてくれることを願っています。


話は変わりますが、ホームステイ中の魂のナビゲーターとして登場する、自称「天使」のプラプラというキャラが登場します。

序盤に真くんの家族構成をざっと紹介するのですが、これが大のギャンブル好き。

大人の感覚を有している「彼」としばしば花札勝負をするのですが、「彼」が中学生の身でギャンブル癖がついたらどうするのか❗️ (笑)
(かつて、ギャンブル沼に片足を突っ込んだオジサンは老婆心が…😅)

もちろん、「彼」にその素養があるからなのですが、まだ中学生の彼を目覚めさせるとは、コイツは堕天使か?…(ー ー;)
(おわり)

 加藤浤和 拝